境町 髪と頭皮にやさしい髪質改善美容室シュシュのシャンプーの選び方

 

境町の美容室シュシュのHPはこちら
↑クリック

こんにちは  美容室シュシュの立川和子です。

今日は みなさんがシャンプーを買うとき  何となく 良さそうだから 買ってみたけど
どうなんだろう?・・・とか、

 

何を基準に選べば良いか分からない‥‥  という質問をされるので  シャンプーの選び方をお話します。

 

まず  シャンプーって  何でも良いと思っていませんか?

シャンプーをする回数は 毎日とか 2日に一度とか 色々だと思いますが  毎回 頭皮につく物ですよね‥

 

長期でみると かなり シャンプー剤の影響は 大きようです。

短期でみても シャンプーによって
髪のまとまりや自然なツヤ等かなり違ってきます。

 

 

では 選び方ですが

 

 

シュシュでは シャンプーの裏に書いてある
成分表で、判断することをおすすめしています。

 

シャンプーの良し悪しは 洗浄成分によって決まります。

 

なぜなら 洗浄成分がお粗末なものだと、髪の汚れだけでなく

髪の中の栄養分までも、流出してしまうからです。

 

 

そして頭皮にも石油系の良くない成分だと 髪が痩せたり 薄くなってしまったり・・

 

 

カラダにも良くない影響があるそうです。

 

 

それでは 髪と頭皮にやさしい シャンプーの成分の見極め方を
説明します。

 

 

 

成分表の見方

 

成分表記は配合の多い準から、記載されているので

 

水、洗浄成分、トリートメント成分、その他少々

という、順番になっていることが多いです!

 

 

なので、水の次を見れば、

ほぼ良し悪しが分かるようになっています。

(稀に水より先に洗浄成分が入っているものがあります)

 

 

気をつけて欲しい洗浄成分

ラウリル硫酸◯◯◯

ラウレス硫酸◯◯◯

スルホン酸◯◯◯

パレス−3硫酸◯◯◯

アルキルエーテル硫酸◯◯◯

 

以上の、成分が、水の次に入っている場合は、まず洗浄成分が強いと思っていいです。

これらは、合成界面活性剤といいます。

 

 

汚れだけでなく、中の栄養分まで、流出させてしまう、可能性が高いので、
気をつけてください。

特に、硫酸がついているものは、強い可能性が高いです。

 

 

ちなみに、これらの洗浄成分は安価なため、市販のシャンプーに使用していることがほとんどです(´・_・`)

(サロン専売品でも使用されているケースがありますのでご注意下さい)

 

 

オススメ洗浄成分

 

ココイルグルタミン酸◯◯◯

(天然植物由来、低刺激だけど高価)

 

◯◯◯ベタイン

(天然植物由来、べビー用シャンプーによく使われます)

 

パーム核脂肪酸◯◯◯

(天然植物由来、きめ細かい泡立ち)

 

ココイルメチルタウリン◯◯◯

(天然植物由来、毛髪保護作用)

 

◯にはTEAやDEA、コカミドなど色々な名称が入ります。

以上の成分が水の次に入っている場合は、とても優しいシャンプーです(*^_^*)

 

 

これらの洗浄成分は、優しいため、栄養分の流出の可能性は低いです。

 

ただし、組み合わせによっては、洗浄力があがったり、泡立ちが悪かったり、する場合があるようです。

 

 

 

シュシュ の おすすめは

髪質改善を研究している仲間たちと作ったオリジナルシャンプーです。

image (4)

髪の主成分と同じアミノ酸でできており髪質改善に効果があるといわれている
ヘマチン高配合(茶褐色の成分)。

 

ノンシリコン・全洗浄成分植物由来で肌に優しい保湿成分・植物エキス高配合。

 

香りは、カサブランカ&ダンデリオン(ユリとタンポポ)のアロマが配合されています)

女性に喜ばれる香りです。

 

もちろん、安全性も高く安心してご使用いただけます。

 

 

髪も頭皮もサラサラの仕上がりに導きます。

 

寝グセもつきにくいと 喜ばれています。

 

追伸     境町 クラコフで 友人とランチを食べました。

私のオススメは 若鶏のバルサミコソースです(*´∀`*)
シュシュから徒歩3分で行けます。

 

imageimage (2)

image (3)

境町の美容室シュシュのHPはこちら
↑クリック

【猿島郡境町の髪質改善美容室シュシュ】
〒306-0433
茨城県猿島郡境町1532
☎…0280-87-1573
営業時間…9:30~18:00
定休日…火曜日・第2第3水曜日

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>